Web制作・Web戦略のご相談はクライマークスへ

コラム

Webに関する様々な情報をご紹介していきます

自社の「強み」をWebサイトで表現するために

みなさんの会社のWebサイトは自社の「強み」を表現できていますか?ここでいう自社の「強み」とは、お客さまから選ばれる理由や、他社との違いなど、いわば「会社のWho we are」あるいは「自己アピール」に近いものです。今回は「『強み』をWebサイトで表現すること」にフォーカスして、お話したいと思います。

企業サイトのデザイン構成7つのトレンド

一口に企業サイトのデザインと言っても、それぞれの企業でユーザーに伝えたい内容は異なるため「何を伝えるか?」によってサイトの構成やデザインは変わってきます。そこで今回は、企業サイトデザインのトレンドを、いくつかの事例を挙げてご紹介したいと思います。

大学サイトのリニューアルは、まず「情報整理」から

大学サイトは外部に発信している情報も対象とするユーザーも幅広く、また運用面でも非常に多くの方が関わるケースが多いため、様々な課題を抱えやすいと感じています。今回はその中でも構造設計に関わる「本学/学部・大学院・入試情報のすみ分け、まとめ方」についてお話したいと思います。

勝てる採用ツールをつくるポイント

新卒採用スケジュールの変更、キャリア採用の激化など、企業の採用活動における流れが大きく変動しているなかで、どのような採用ツールが効果的なのか?どうすれば求める応募者層へ自社の魅力を伝えられるのか?「勝てる採用ツール」をつくるためのポイントを紹介します。

Webガバナンスの話「各国/各事業サイトのデザインは統一したほうがいいの?」

Webガバナンスの大きなテーマの1つに、各国/各事業サイトのデザインを統一すべきか否か、というものがあります。実際、各社の状況を見ると、全世界で統一されたデザインのWebサイトを展開している企業もあれば、そうでない企業もありますね。どちらが正解なのでしょうか?

グローバルサイト構築を成功させる翻訳者選び、6つの注意点

グローバルサイトをつくる際に必ず必要な翻訳作業。その翻訳を簡単に考えてはいませんか?「翻訳作業とは、翻訳会社や翻訳者に丸投げするだけで上がってくるもの」では、ありません。今回は、翻訳を依頼する際の6つの注意点をご紹介します。

ポイントは3つ!多言語サイトCMS構築時に検討すべき必須要件

「多言語Webサイト」の構築を迫られる企業が、今、増えています。背景にあるのは、訪日客の激増にあることは言うまでもありません。今後も国際的なイベントが目白押しの中、多言語Webサイトを構築するにあたって重要な3つのポイントを解説します。

なぜ被リンクSEOよりもコンテンツSEOが注目されているのか

これまで効果があった被リンク(外部施策)対策のSEOからコンテンツSEOがなぜ注目されているのか、コンテンツSEOで成功するための4つのポイントとは具体的に何か。作成した後の運用まで考えていくためにはどうすればいいのかをまとめました

Web制作ディレクターを続けて分かった情報設計の真の魅力

「情報設計」と聞くと皆さんは何を思い浮かべますか?私は、ディレクターになった当初、この言葉が理解できていませんでした。そこで今回は、自信を持ってディレクターとは何かを回答できるきっかけとなった、「情報設計」の魅力について少し語ろうと思います。

企業サイトに載せるべきコンテンツ、その実例

貴社の企業サイトには、何が掲載されていますか?もし、基本情報しか掲載していなければ、残念ながら、そのサイトは十分に力を発揮していません。本コラムでは、企業サイトにおけるコンテンツの重要性と、載せるべきコンテンツ例をご紹介します。