Web制作・Web戦略のご相談はクライマークスへ

コラム

Webに関する様々な情報をご紹介していきます

デザイン部 デザイナー N

デザインを依頼するなら、Web制作会社? フリーランス?

サイト制作の依頼先として、フリーランスかWeb制作会社か迷った方もいるのではないでしょうか。
フリーランスとWeb制作会社の両方を経験したデザイナーの視点から、双方の違いを4つのポイントに分けてご紹介したいと思います。
サイト制作の依頼先を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

「原則は」フリーランスの方が低コスト

フリーランスのデザイナーにデザインを依頼する場合、コストを安く抑えられるという理由を一番にあげられる方が多いのではないでしょうか。
社内設備や必要経費、人件費などにかかる費用が少ないこともあり、一般的にフリーランスのほうが制作コストは安くなる傾向にあるのは事実かと思います。
その点、制作会社に依頼すると制作コストはフリーランスに比べて高くなる傾向にあるでしょう。

個人的には、後に挙げる専門性の違いという点が制作コストを左右する大きな理由なのではないかと考えています。
なぜフリーランスだと費用を安く抑えられ、制作会社だと費用が高くなるのかを理解したうえで、プロジェクトの内容に見合った依頼先を検討することが重要ではないかと思います。

各分野の専門家が揃っている制作会社

フリーランスで活動している多くのサイト制作者は、スペシャリストとしての側面を軸にしつつも、多分野にわたる知識とスキルを併せ持った人が多いと感じています。
私がフリーランスとして活動していた時には、デザインを専門としながらも、案件によっては、簡単なサーバの設定やアドバイス、サイトの情報設計、実装やコーディング、写真撮影、サイト公開後の運営の補助、多岐にわたる業務を並行して進めることがほとんどでした。
とはいえ、人が一人でできることには限界があります。
私個人のスキルとしては、デザイン以外の分野、主にシステム関連の業務はそれほど専門性が高くなかったため、特殊なリクエストへの対応には苦労しました。

その点、制作会社の最大のメリットは分業化されており、それぞれの分野のスペシャリストがチームを組んで制作を進めることが多いようです
私が入社したクライマークスは、社内に各分野の専門家がいるので、わからないことや苦手な分野はすぐに助言してもらえる環境にあります。
また、自分自身がデザインの業務に集中できるようになったことで以前より質の高いアウトプットができるようになったと感じています。
それぞれの分野の専門家が自分の業務に集中し、連携して取り組める環境があることは、より質の高いサイト制作の実現につながることを実感しているところです。
総合的なクオリティの高さを求める場合は、予算との兼ね合いをみつつ制作会社に依頼するほうがおすすめと言えるでしょう。

1対1の対話を重視するフリーランス。チームで協力して作り上げる制作会社。

フリーランスに仕事を依頼した場合は、プロジェクトのスタートから納品までのすべてのフェーズにわたって、1対1のシンプルな対話形式でコミュニケーションを取りながら制作を進めることが多いようです。
これは、デザイナーとしてもお客様の意見を直接聞きながら制作を進めることができるので、非常にメリットが大きいと感じています。
特に、お客様のやりたいことや目的が明確に定まっている場合、プロジェクトをスムーズに進めることができ、短いスケジュールで制作を進めることも可能となります。

制作会社の場合、プロジェクト進行の主なコミュニケーションの窓口はディレクターが担当することになります。
もしプロジェクトの規模が中~大規模なものになってくる場合、関わる担当者の数も必然的に増えます。要件定義、情報設計、デザイン、システム構築、ライティングや撮影等々、それぞれのフェーズにそれぞれ専門の担当者がいるので、デザイナーとしてお客様の意見を直接聞く機会は、主にデザインに関係するフェーズに限られてきます。
多くの担当者がプロジェクトに関わるケースでは、お客様の多様な意見を取りまとめ、現実的なスケジュールをたてて計画的なプロセスで制作を進めることができる制作会社に依頼するほうがよいかもしれません。

深くコミットできるフリーランス。広く対応できる制作会社。

本人に裁量権があるというのも、フリーランスに依頼する大きなメリットの一つと考えます。
フリーランスは本人がすべて決定権を持っているので、やりがいのあるプロジェクトや個人的に力を入れたいプロジェクトには深くコミットしてくれるケースもあります(※)。
自由度が高く、個人の判断でお客様の様々な要望に柔軟に対応することも可能という点は、フリーランスのメリットと言えるでしょう。
一方、制作会社には様々な志向を持ったデザイナーが複数いることが多いです。いろいろな傾向の案件に幅広く対応できる土壌があるという点が制作会社のメリットと言えます。
(※個人の働き方の価値観に大きく左右されるのですべてのフリーランスにあてはまるとは限りません。)

最後に

フリーランスとWeb制作会社、どちらにもそれぞれの利点や特徴があることをご紹介できたかと思います。
簡単にまとめると、

フリーランスの特徴

  • 制作コストを安く抑えられる
  • 1対1の対話を重視
  • 自由度や柔軟性が高く、個人の判断で深くコミットしてくれることもある

Web制作会社の特徴

  • 専門性が高く、継続的に高い品質を期待できる
  • 担当者が多く関わるケースに向いている
  • 計画的なプロジェクト進行ができる
  • いろいろな傾向の案件に幅広く対応可能

それぞれの特徴や利点を理解して、プロジェクトに見合った依頼先を検討する参考にしていただければと思います。