Consulting / Information Architecture / Designing

このページの先頭へ

Journal

クライマークス社員のノウハウを、コラム、ケーススタディ、インタビューなどでご紹介

ケーススタディ

 

老舗ゴルフ用品販売店のWebサイトをリニューアル。強みをアピールし、実店舗への送客を強化。企業理念のビジュアライズ化を実現

社名
株式会社二木ゴルフ
業種
小売業(ゴルフ用品の販売)
サイトURL
https://www.nikigolf.co.jp/
サイト公開日
2021年4月
プロジェクトメンバー
プロデューサー:阿部、ディレクター:大橋、石崎、アートディレクター:加藤、デザイナー:清水

関東を中心に店舗を全国展開しているゴルフ用品専門店、二木ゴルフ。1973年に「二木の菓子」のゴルフ事業部として創業以来、ゴルフ用品のみを販売し、現在に比べ始めるハードルのまだ高かったゴルフの普及に大きく貢献してきました。

同社最大の強みは、独自の販売手法であるコンサルティングセールス。「ゴルフを楽しむお客さまをサポートする」という方針のもと、アドバイザリースタッフと呼ばれる社員が顧客一人ひとりに合ったフィッティングなどの提案を行い、商品を販売しています。

クライマークスは、2021年に同社のWebサイトリニューアルを手掛けました。

プロジェクトの背景/課題

最大の強みである接客力・提案力が発揮しにくい状態

同社の実ビジネスにおける課題は、大半の店舗が1階を駐車場、2階を店舗としており、外から中の様子が見えにくいつくりになっていたこと。そのため、入店のハードルが高く、二木ゴルフ最大の強みであるフィッティングにおける接客力、提案力などを十分にアピールできていませんでした。

また、ゴルフを若者にも普及させていきたいという同社の思いを伝えるための接点・表現手段が不足していたことも課題の一つでした。

そして、これまで同社ではECサイトとコーポレートサイト(店舗情報サイト)を1サイトに集約していましたが、機能強化や情報整理を目的に2サイトに分割することに。

以上のことから、サイトリニューアルの目的として、次の3つが掲げられました。

  • リアル店舗への送客強化
  • ユーザーからの見え方を変え、同社の企業理念をビジュアライズ化する
  • 強みであるフィッティングをアピール

課題解決のためのアプローチ

全員参加で集中的に企画を検討したうえで、Webのプロとして一任いただく

リニューアルプロジェクトにおいて、まずは二木ゴルフのプロジェクト関係者の意見をアンケートで集約、さらに他社サイトの調査を実施しました。

その後、主にデザインの目指す方向性を、二木ゴルフ、クライマークス両社のプロジェクトメンバー全員で集中的に企画検討。小売業のサイトを分類したB0サイズのマトリクスをクライマークスが作成し議論を進めた結果、「セールスコテコテはNG、企業ブランディングとセールス情報のバランスが大事」という方向性を見出しました。

この検討会議を経たうえで、以降は「Webのプロ」としてクライマークスに一任いただくことに。これを受け、クライマークスは次の施策を実施しました。

デザイン刷新・メッセージ訴求

見出した方向性をもとに、「FOR EVERYONE ENJOYING GOLF~ゴルフを楽しむ、すべての人のために~」というコンセプトを定め、それをもとにデザイン。

トップページでは、上級者から初心者まで、老若男女がゴルフを心から楽しんでいる様子と、それを陰で支える二木ゴルフのスタッフを大きなビジュアルで表現し、若者や家族層にも受け入れてもらいやすいサイトを実現しました。

メリットにすぐたどり着く情報設計

リアル店舗への送客強化のため、情報の優先度を明確に。ユーザーにメリットを提供できるキャンペーン、イベント、コンセプトショップなどの情報を伝わりやすくする構造とし、さらに縦型ナビにより検索性も向上させています。

店舗へ誘導する施策実施

課題であった入店のハードルを下げるため、店内の写真やスタッフの写真を数多く掲載。フィッティングやリペアの写真も多く掲載し、同社の強みであるコンサルティングセールスの実際をビジュアルによってわかりやすく伝えています。

同時に、店舗検索機能も強化。店舗ごとのサービスページ、キャンペーン・イベントページの整理・拡充も図りました。

運用負担を軽減するための施策

上記の施策のほかに、CMSによる更新の簡易化など、運用担当者の負担を軽減する施策も行っています。

例えば、ある程度入力内容が分かっている店舗情報などは、迷わず更新作業ができるようテンプレート化を徹底。複数店舗で実施されることが多いキャンペーンやお知らせに関しては、店舗ごとの入力ではなくWebサイトの運用担当者がどの店舗で配信するかを関連付けできるようにしています。

トップページに掲載する写真(メインビジュアル、フッター)も、上限を定めたうえで更新可能に。また、汎用性に富んだパーツも数十種類用意し、WordPressのプラグインと連携させることで、どのページにも自由に配置できるようにしました。文字色・ジャンプ率・文字位置に加え、画像の左右位置、背景色、ボタンの種類などは全てラジオボタンで選択でき、 運用担当者がブロックを組み合わせるようにページを構成できます。

成果

ゴルフの楽しさが伝わり、来店意欲が湧くサイトを実現

上記施策を実行することで、ゴルフの楽しさが伝わり、来店意欲が湧くような親しみやすいデザイン、そして、キャンペーンやイベント、店舗ごとの情報をCMSで簡単に更新できる店舗・企業情報サイトが完成しました。

「これまでのイメージが刷新された」と、二木ゴルフ社内での評判も上々。また、運用負荷軽減に努めた結果、「こんなに使いやすいCMSは今まで使ったことがない」との評価もいただきました。運用担当者はCMSでの更新作業を積極的に推進、同社の情報発信力は格段に高まりました。

Web制作

大規模コーポレートサイトからサービスサイトやサテライトサイトまで、アートディレクションと情報アーキテクチャ設計を融合した、クリエイティブで訴求力の高いサイトを構築します。また、フロントエンドのみならずバックエンドのシステム構築、デジタルマーケティング支援までを総合的に提供しています。

コーポレートサイト制作

ターゲットユーザーすべてを見据え、競合他社を圧倒する企業・サービスのブランディング確立を目的としたコーポレート/サービスサイトを制作します。

Keyword