Consulting / Information Architecture / Designing

このページの先頭へ

Insight

Web制作のさまざまな情報をご紹介

Webマーケティングとは?施策やメリット、成功のポイント

インターネットの普及により、企業がWebサイトをビジネスに活用するのは当たり前になりました。そのなかでも、注目されているのがWebマーケティングです。そこで、ここではWebマーケティングの基本的な概念から導入メリット、代表的な施策と成功のポイントについて解説していきます。

1.Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、WebサイトやWeb上のサービスを活用して、マーケティング活動を行うことです。英語「Web Marketing」が語源で、さまざまなWebの機能や仕組みを利用して、お客様を集め、物が売れる仕組みを作りだすことを指しています。

よく比較される言葉に、「デジタルマーケティング」があります。デジタルマーケティングとは、ITテクノロジーやインターネットなどの「デジタル」を活用したマーケティングの総称です。つまり、Webマーケティングは、デジタルマーケティングの一部という位置づけとなります。

2.Webマーケティングの特徴とメリット

analytics

なぜ、Webマーケティングに注目が集まっているのでしょうか。その理由が、インターネットの普及による、ビジネス環境の変化です。従来は、企業が商品やサービスをお客様に知ってもらうためには、テレビコマーシャルや新聞や雑誌の広告といった媒体が主流でした。

しかし、ネットの普及により、ネットショッピングやECサイトが浸透し、Webマーケティングが急激に拡大していったのです。

従来の広告手法よりも、圧倒的にコストを抑えられるのが大きなメリットです。また、最初はスモールスタートではじめ、効果が生まれた施策にコストを投入していく、という進め方ができるのも特徴です。

さらに、従来の広告やマーケティングの手法との大きな違いが、Webマーケティングは効果測定が行いやすいという点です。例えば、ネットショッピングの特定のページに、何人のユーザーが訪れて、何回クリックされたか、といった結果を「数値」で把握できるのです。

数値で効果測定が行えるために、注力するべきWebマーケティングの施策や改善点などが把握しやすいのです。従来のテレビコマーシャルや広告媒体では、その効果を具体的な数値で測定することが困難なことを考えると、効果測定が行えるWebマーケティングは非常に優れたマーケティング手法ということができるのです。

3.Webマーケティングの施策

seo

それでは、Webマーケティングには、具体的にどのような施策があるのでしょうか。ここからは、代表的な施策について解説していきます。

3-1.SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称≈で、検索エンジン最適化などと日本語訳されます。検索エンジンで検索された結果において、自社のWebサイトが上位に表示されるよう対策を行うことです。

3-2.アフェリエイト広告

アフェリエイト広告とは、Webサイトやさまざまなデジタル媒体にリンクを掲載し、そのリンク経由で訪問したユーザーのコンバージョンにより、報酬が発生する広告の手法です。

3-3.リスティング広告

リスティング広告とは、検索連動型広告と呼ばれ、ユーザーが検索したキーワードや閲覧履歴に連動して、広告が表示される仕組みです。ユーザーの興味や関心が高い広告が表示されるため、高い効果が期待できる手法です。

3-4.アドネットワーク

アドネットワークとは、広告配信ネットワークによって、複数の媒体で同時に広告を配信する広告手法です。アドネットワークの利用により、1社とのサービス契約で、複数の媒体に広告を配信することが容易になりました。

3-5.リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、インターネット・ブラウザのcookie(クッキー)の機能を利用して、特定のWebページで表示された広告を、別のWebページでも表示させることです。

3-6.SNS広告

TwitterやFacebookなどのSNSに広告を配信する手法がSNS広告です。SNS上でターゲットのユーザーに拡散されることで、さらなる効果が期待できます。

3-7.メールマーケティング

メールマガジンやメール配信(ステップメール)などを活用して、マーケティングを行うことを指しています。ユーザーに合わせて、関心の高い情報を提供していくことで、購買意欲を高めることができます。

4.Webマーケティング 成功のポイント

ここまで、代表的な施策を解説してきましたが、これらの施策を使ってWebマーケティングを成功させるには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。主に、以下の3つのポイントがあります。

1. 戦略の立案

2. コンテンツの重要性

3. 効果測定とPDCAサイクル

それぞれのポイントについて、詳細を解説していきます。

4-1.戦略の立案

Webマーケティングでは、明確な戦略を立てる必要があります。自社の強みや弱み、市場におけるポジションや優位性などを分析したうえで、施策や方向性を決めなければ成果に繋がりにくいからです。

例えば、Webマーケティングでは、ターゲット顧客の絞り込みが非常に大切です。大衆に向けたマーケティング・メッセージよりも、より絞り込まれたユーザーに向けてのメッセージの方が、集客効果が高いからです。

ターゲット顧客

さらに、ターゲット顧客の生活習慣や趣味嗜好に合わせたWebマーケティングの施策を選ぶことで、さらなる効果が期待できます。自社の顧客は「誰なのか」を明確にして、Webマーケティングの施策に取り組まなければいけません。

4-2.コンテンツの重要性

コンテンツの中身や質も、Webマーケティングの成果に大きな影響を与えます。例えば、広告によって自社のWebサイトにユーザーを誘導できても、コンテンツの質が低ければ、ユーザーは離脱してしまう可能性が高いです。もちろん、コンバージョンの率もあがりません。

有益な情報を提供し、ユーザーを満足させることで、はじめてコンバージョンが発生するのです。つまり、コンテンツの力だけでユーザーの信頼を獲得し、集客や成果に繋げなければいけません。だからこそ、Webマーケティングにおいては、コンテンツが重要なのです。

さらに、ユーザーを満足させるには、コンテンツの量や網羅性も大切です。例えば、ダイエットに関する情報を提供するWebサイトであれば、最適な運動法や食事の作り方、生活習慣など幅広い分野の情報が含まれている方が満足度は高まるからです。

4-3.効果測定とPDCAサイクル

pdcaサイクル

Webマーケティングの特徴として説明した効果測定と、その結果に基づいてPDCAサイクルを実施していくこも大切なポイントです。Webサイトのアクセス解析による効果測定で、ターゲット顧客の関心のあるキーワードや情報などを把握することができます。

ターゲット顧客の関心のあるコンテンツを理解していないと、独りよがりなWebサイトとなってしまうため、マーケティングとしての効果は期待できません。効果測定によって、常にユーザーの興味や関心を把握しておかなければいけないのです。

また、効果測定の結果をWebサイトに反映させたとしても、すぐに変化が現れるわけではありません。そのため、PDCAサイクルを実施して、長期的なスタンスでWebマーケティングに取り組んでいく必要があるのです。

コーポレート/サービスサイト制作

ターゲットユーザーすべてを見据え、競合他社を圧倒する企業・サービスのブランディング確立を目的としたコーポレート/サービスサイトを制作します。

Webマーケティング

Webサイト構築における内部施策やコンテンツマーケティングを軸に、SEO対策やオウンドメディア、各種MA/CXツールの導入など、あらゆるチャネルや接点を活用し、Webマーケティング戦略をトータルで支援します。