Web制作・Web戦略のご相談はクライマークスへ

社員を知る!

クライマークスの社員の様子をちょっとだけご紹介

ディレクター北浦 利彦

神奈川県出身、専門学校にてWebデザインを学び、デザイナー兼コーダーとしてインターンで制作会社に入社。企業サイトやカスタマーサイト、ガジェット制作など様々な構築案件に携わる。2007年クライマークス入社。

業務内容

主に大学案件に携わっており、早稲田大学様の案件を4年程担当しています。
大学の総合TOPのリニューアルを始め、日英中韓といった他言語のサイト制作やデザインガイドライン、運用マニュアルの策定などを行いました。
また、大学案件以外ではコーポレートサイトやサービスサイト等も担当しております。

自己研鑽のために行っていること

定期的にディレクター勉強会を行っています。
日々担当している案件の中での気付いた点や今後の案件に活用できそうな資料、テクニックの共有のほか、業種・業界ならではの制作上の独自ルールなども知見・ノウハウとして、この場で情報共有を行います。
また、このような実務に直結する話だけではなく、最近気になっているサービスや業界の動向といったテーマについても共有を行うため、ディレクターとして大切な幅広い知識とともに鮮度の高い情報を得る貴重な時間になっています。

担当した案件

早稲田大学国際アドミッションズ・オフィス

留学生採用を担う箇所のWebサイトリニューアル。日本語・英語の言語対応、フラットデザイン、メインビジュアルエリアでのコンテンツへのメニュー表示などを採用している。

早稲田大学Global Education Center

グローバルリーダーを育成する教育機関のWebサイトリニューアル。WordPressのカスタマイズで日・英の言語対応。コンテンツへの誘導をビジュアルパネルでデザインしグローバルを意識した構成。

モバイル・インターネットキャピタルコーポレートサイト

レスポンシブWebデザインで、WordPressを導入。WEBサイトのみならず、会社案内パンフレット、パワーポイントテンプレートも作成。コーポレートツールのデザイン統一を図る。

応募フォームはこちら