Web制作・Web戦略のご相談はクライマークスへ

コラム

Webに関する様々な情報をご紹介していきます

「運用」を見据えて考える、Web多言語化の3つのポイント

多言語化するコンテンツの運用体制を何も検討せず、翻訳する原稿を翻訳業者などに渡そうとしていませんか?コンテンツの多言語化は翻訳し、公開すれば終わりではありません。公開した後の運用する体制作りをしっかり想定することで、多言語化する目的の達成に近づくことができます。今回は、コンテンツを多言語化する前に明確にする必要がある、Webサイトの運用を見据えた3つのポイントを紹介します。

コーポレートサイトでWordPress(CMS)を利用する際の注意すべき3つのポイント

近年、Web担当者が容易に更新できるCMSの導入を希望されるお客様が多くなってきています。表題に掲げたWordPressもCMSの一つであり、弊社の導入実績もNo.1のCMSです。そこで本コラムでは、コーポレートサイトでWordPressを利用するときに気をつけるべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

グローバルサイト構築を成功させる翻訳「プロジェクト準備編」

以前、翻訳前の準備や翻訳者の選定方法を紹介しました。今回は、実際にプロジェクトが始まる前の、多言語サイト制作・グローバルサイト制作において起こりがちなことと、それを克服し、翻訳プロジェクトを成功へ導くために押さえていただきたいプロジェクト準備のポイントについて、お話させていただきます。

Web動画で効果的に訴求を高める3つのポイント

Web動画を活用して効果的な訴求を行うにはどうすれば良いか?そのためには発信したい情報をただ押し付けるのではなく、ユーザー目線で考えていく必要があります。ここでは動画を活用してWebサイト上で訴求力を高めるためのポイントをいくつか紹介します。

ブランディング会社の経験があった私が考えるWebブランディング

Webブランディング。Webの戦略立案時や、クリエイティブの提案をする際によく使われているキーワードだと思います。しかし、そもそもWebブランディングって何?と気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、個人的な解釈も入れつつ、Webブランディングについてお話ししたいと思います。

自社の「強み」をWebサイトで表現するために

みなさんの会社のWebサイトは自社の「強み」を表現できていますか?ここでいう自社の「強み」とは、お客さまから選ばれる理由や、他社との違いなど、いわば「会社のWho we are」あるいは「自己アピール」に近いものです。今回は「『強み』をWebサイトで表現すること」にフォーカスして、お話したいと思います。

企業サイトのデザイン構成7つのトレンド

一口に企業サイトのデザインと言っても、それぞれの企業でユーザーに伝えたい内容は異なるため「何を伝えるか?」によってサイトの構成やデザインは変わってきます。そこで今回は、企業サイトデザインのトレンドを、いくつかの事例を挙げてご紹介したいと思います。

大学サイトのリニューアルは、まず「情報整理」から

大学サイトは外部に発信している情報も対象とするユーザーも幅広く、また運用面でも非常に多くの方が関わるケースが多いため、様々な課題を抱えやすいと感じています。今回はその中でも構造設計に関わる「本学/学部・大学院・入試情報のすみ分け、まとめ方」についてお話したいと思います。

勝てる採用ツールをつくるポイント

新卒採用スケジュールの変更、キャリア採用の激化など、企業の採用活動における流れが大きく変動しているなかで、どのような採用ツールが効果的なのか?どうすれば求める応募者層へ自社の魅力を伝えられるのか?「勝てる採用ツール」をつくるためのポイントを紹介します。

Webガバナンスの話「各国/各事業サイトのデザインは統一したほうがいいの?」

Webガバナンスの大きなテーマの1つに、各国/各事業サイトのデザインを統一すべきか否か、というものがあります。実際、各社の状況を見ると、全世界で統一されたデザインのWebサイトを展開している企業もあれば、そうでない企業もありますね。どちらが正解なのでしょうか?