Web制作・Web戦略のご相談はクライマークスへ

コラム

Webに関する様々な情報をご紹介していきます

ワークショップの企画・運営を経験して感じたこと

わたしは普段、Webディレクターとして、サイト制作におけるプロジェクトマネジメントやディレクション業務に携わっています。そんなわたしがコーポレートサイトのリニューアルにおけるワークショップの企画・運営に関わることになりました。 本コラムでは、当時のプロジェクトの概要とそこで得た気づきをお話ししていきたいと思います。

デザインを依頼するなら、Web制作会社? フリーランス?

サイト制作の依頼先として、フリーランスかWeb制作会社か迷った方もいるのではないでしょうか。フリーランスとWeb制作会社の両方を経験したデザイナーの視点から、双方の違いを4つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

最近の「動き」のある企業サイトに使われている7つの表現手法や機能

企業サイトといえば、従来はあまり「動き」がなく、動くところといえばメインビジュアルに使われるFlash動画くらいでした。しかし、近年は企業サイトにもさまざまな「動き」が加えられるようになり、それによって表現の幅が広がっています。今回は「動き」に着目し、企業サイトに使われている表現手法や技術をご紹介したいと思います。

Webサイトは作ってからが本番!初心者でもできるコンバージョンの設定と効果測定の導入

企業がWebサイトを作る際に、ユーザーに到達して欲しいゴール=コンバージョンを設定することが重要と言われております。しかし、サイト公開後しっかりと状況を把握し、課題を認識されていないというケースも少なくありません。今回は、そのような状況に陥らないようコンバージョンの設定とGoogleアナリティクスを用いた効果測定の導入についてご紹介します。

Webディレクターの仕事内容と役割 ― 新人ディレクターがクライマークスで学んでいること

「Webディレクターって何をする人?」と訊かれたときは何と答えますか?前職では、コーダー兼デザイナーとして業務をしていた私は、漠然とした認識しかありませんでした。そんな私がクライマークスでディレクターになってから考えた「Webディレクターの役割」や「Webディレクターの仕事内容」を具体的にご紹介します。

コーポレートサイトのリニューアルで考えたい5つのポイント

企業の顔であるコーポレートサイトをリニューアルする理由や目的は様々でしょう。目的を達成するために必要な情報や、取り組み方に正解はありませんが、Web担当者様が、デザインや機能、コンテンツに興味・関心を奪われてしまうことも多いように感じています。今回は、コーポレートサイトリニューアルの際に、まず、気にかけていただきたい5つのポイントをご紹介します。

デザインから感じる「印象」を詳しく解説!
企業イメージをWebサイトにうまく反映したサイト4選

Webサイトで表現できることは年々増えています。ただ単純に企業情報を掲載しているだけのWebサイトは少なくなり、企業のブランドイメージをデザインに反映させ、理念や社風といった目に見えない想いもデザインで表現しているWebサイトが増えています。今回は企業サイトを中心に各Webサイトのデザインの特長を解説し、Webサイト制作における特長の出し方と、企業のブランディングについて考えたいと思います。

「運用」を見据えて考える、Web多言語化の3つのポイント

多言語化するコンテンツの運用体制を何も検討せず、翻訳する原稿を翻訳業者などに渡そうとしていませんか?コンテンツの多言語化は翻訳し、公開すれば終わりではありません。公開した後の運用する体制作りをしっかり想定することで、多言語化する目的の達成に近づくことができます。今回は、コンテンツを多言語化する前に明確にする必要がある、Webサイトの運用を見据えた3つのポイントを紹介します。

コーポレートサイトでWordPress(CMS)を利用する際の注意すべき3つのポイント

近年、Web担当者が容易に更新できるCMSの導入を希望されるお客様が多くなってきています。表題に掲げたWordPressもCMSの一つであり、弊社の導入実績もNo.1のCMSです。そこで本コラムでは、コーポレートサイトでWordPressを利用するときに気をつけるべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

グローバルサイト構築を成功させる翻訳「プロジェクト準備編」

以前、翻訳前の準備や翻訳者の選定方法を紹介しました。今回は、実際にプロジェクトが始まる前の、多言語サイト制作・グローバルサイト制作において起こりがちなことと、それを克服し、翻訳プロジェクトを成功へ導くために押さえていただきたいプロジェクト準備のポイントについて、お話させていただきます。